名古屋発着の高速バス・夜行バス

MENU

「名古屋発着」 昼行便の高速バス・深夜便の夜行バス路線

東名・名神高速道路などを走行する、東京・大阪方面の昼行便の高速バス以外では、名古屋発着独自の高速バス路線の筆頭は、中央自動車道路線と北陸道特急です。

 

中央道路線には松本、飯田、駒ヶ根、伊那方面行き。北陸道方面では福井、金沢行きがあります。鉄道で飯田、駒ヶ根、伊那方面へ向かうには乗り換えが必要となるので、直通できる高速バスは便利なので人気です。

 

鉄道との競合路線での所要時間はどの路線もあまり変わりませんが、運賃はどれも鉄道の約半額と格安料金です。さらに高速バスや夜行バスにはさまざまな割引制度があり、それらを上手く利用すると鉄道の半額以下の料金になる路線もあります。

 

名古屋発着の高速バスネットワークを運行するリーダー的なバス会社は、名古屋市内はもちろん、全国各方面へのバス網を古くから積極的に展開している名古屋鉄道です。

 

大阪発着の路線同様、紀伊半島方面は高速バスとあまり縁がない。熊野、新宮、紀伊勝浦への直通バスは運行していますが、やはり、長距離を走る高速バス・夜行バス網発達の原点は高速道路次第と思います。

 

名古屋には東京や大阪のように有力なバス会社は少ないことから、高速ツアーバス以外では、深夜便の夜行バスは名古屋鉄道かジェイアールバス東海のどちらかに関連した路線となります。

 

北は仙台、西は四国、九州まで大きなエリアをカバーしています。とくに九州路線は福岡をはじめ、長崎や佐世保、大分、熊本など、九州の主要都市へ向かう高速バス・夜行バスが充実しています。東京からも福岡行きの夜行バスは運行されていますが、到着時刻が昼近くになるため、あまり便利ではありません。

 

そこで、東京から九州へ移動する方の中には、東京から名古屋までを新幹線で移動し、名古屋から大分や熊本などへ夜行バスを利用するという方もいらっしゃいます。運賃は少し高くなってしまいますがその分時間を有効的に使うことができ、新幹線の時間は正確なので、名古屋での乗り継ぎ時間も最小限で済ますことができます。