大阪発着の高速バス・夜行バス

MENU

大阪発着の高速バス・夜行バス|昼行便、深夜便など

新幹線が東西に貫いている大阪ですが、高速バス・夜行バスは東行きと西行きでは状況が異なります。東行きの高速バスは一番人気は大阪〜東京ですが、名神高速道路を走る路線、とくに大阪〜名古屋は日本で最も歴史のある高速バス路線です。

 

大阪からも神戸からも1日に多数の便が運行されていますが、メインは京都〜名古屋間です。高速バスは一度一般道に降りると、定時性が保証できない。そのため、神戸発の便を大阪、京都経由では運行ができない。そういう意味では、京阪神地区のように有力な大都市が連続する立地条件は、以外に高速バス・夜行バスには不向きかも知れません。

 

さらに、大阪〜名古屋間には新幹線以外にも安くて速い近鉄特急「アーバンライナー」があるので、高速バスのシェアはそこまで高くはありません。大阪から西へ向かうルートは、新幹線が瀬戸内海に沿う山陽ルートに対して、高速道路の設備は新幹線と競合しない中国自動車道が先に完成。

 

その後、山陽自動車道が開通したという経緯もあってか、中国自動車道のほうが高速バスは発達しています。関西地区〜中国地方で最も高速バスが多いのは、中国自動車道沿いの中国地方にある都市行きで、その次に山陰側、最も少ないのは山陽側の都市です。

 

中国山地の中にある都市からは、関西に直通する鉄道ルートがないために、バス路線が発達しています。山陰側の都市は鉄道の非電化単線区間が多いため、高速バスや夜行バスの利便性が人気となりました。それに対して、山陽側の都市は新幹線があるため、バス路線は少ない。

 

中国自動車道の路線は津山までの路線が多く、新見、三次へと路線が伸びます。山陰側では、鳥取、倉吉、米子、出雲行きなどがあります。鉄道でこれらの地域へ向かうには、新幹線と在来線の乗り継ぎが必要な都市が多く、津山、新見、三次、米子、出雲などへは高速バス・夜行バスが直通のため便利です。

 

新幹線と在来線を乗り継ぐと、特急料金も高額になり、運賃面では高速バスがかなり有利です。大阪から山陽側の都市へのルートは、新幹線と競合するので勝負の焦点は運賃ですが、新幹線の通らない都市を直接結ぶルートにも高速バス・夜行バスは走っています。

 

高速バスは、倉敷、井笠、神辺、福山、府中行きがあり、井笠、神辺、府中行きは新幹線の通らない都市が起終点です。これらの都市から大阪へは、鉄道の片道分以下の運賃で往復することができるので、たとえ所要時間は倍以上かかっても、利用客にとっては魅力的です。

 

関西からの高速バス路線で忘れてならないのは、橋を渡って四国へ向かう路線です。瀬戸大橋経由の高松行きと、明石海峡大橋経由の徳島行きがある。徳島行きのライバルはおもにフェリーですが、今ではあまり利用する方はいません。高松へは鉄道で行くと乗り換えになるので、高速船という手段もありますが、高速バスは乗り換えなしの便利なアクセス方法です。

 

深夜便の夜行バスは東北へも運行しています。日本海側を走る高速道路が東北地方まで通っていないため、仙台行きの夜行バスが多くなっています。

 

西方向では九州の各地域をカバーしています。しかも九州最南端の鹿児島着が朝の7時台と、夜行バスらしい時間帯が設定されている。東京からでは、福岡行きの到着時刻が昼前後ということもあり、東京と大阪の距離の差が大きいことを実感します。

 

大阪から九州、四国行きの夜行バスでは、フェリーと重なる区間も多い。乗り心地ではフェリーが勝っていますが、運賃は夜行バスとフェリーはあまり変わりません。バスが有利な点といえば、発着場所が都心にあるということが大きな点なので、フェリーとバスの選択は利用者の好み次第です。

 

大阪〜別府〜大分線は、フェリーと真っ向から競合する路線なので、今では運行数はあまり多くはありません。区間によってはフェリーは高速バス・夜行バスにとって大きなライバルになります。東京発着に比べて発達している印象の多い大阪からの高速バス路線ですが、紀伊半島方面へは高速道路が発達していないため、あまり長距離路線のバスは運行されていません。